So-net無料ブログ作成

子どもの、未来のために、一票。


山本太郎さん。


ぼくは彼の選挙演説を

6年以上見続けている。



そこでいつもにする光景がある。




圧倒的な聴衆の多さは言うまでもないが

若い人々から高齢の方々まで

ほんとに老若男女

職種も様々な人々が

どんどん集まってくる。



他の政党の街頭演説もよく見に行くが

まず山本太郎さんの演説のように

たくさんの聴衆というのは極めて稀だし

でも時折

その政党が「重要な日」と位置付けた日は

え?というほど

たくさんの聴衆が集まるけど

ただその場合でも

よく見ると

人数的にはたしかに

たくさんの人が集まっているんだけど

若者の比率はガクッと下がっていて

高齢者の方々が多い。


着ている洋服ファッションも似通っていたり

端的に言えばバラエティに富んでいない。


それは「動員」といって

大きな政党だと組合員とか関係者とか

組織的に集合する形態をとるからだと思っている。


だから、どこか

彼らと一緒に隣同士で

演説を聞くという感覚になれない。


アウェー感というか、違和感というか。


ほとんどの人は通り過ぎてゆく。

チラシも避けるように受け取らない。


組織的な動きだからか

街頭演説の最初から最後まで

だいたい同じ数の人々がい続ける

そんなかんじか。



一方、山本太郎さんの場合は

聴衆の方からチラシを受け取りに行く光景を

しばしば目撃する。


そして聴衆はどんどんと膨れてゆく。


聴衆のファッションはバラエティに富んでいる。



そして、さらに

ここが決定的に違うところだ。



若者が多い。


若いカップルが多い。


若い夫婦+子どもが多い。



これだけは、演出ではできない。



本気で聴きに来ている人々の熱気。



ここ数日見続けた

山本太郎、野原ヨシマサ、れいわ新選組の

街頭演説風景です。



P7150461.jpg
P7150462.jpg
P7150463.jpg
P7150465.jpg
P7150486.jpg
P7150487.jpg
P7150490.jpg
P7150471.jpg
P7150484.jpg
P7150492.jpg
P7150494.jpg
P7150495.jpg
P7150496.jpg
P7150497.jpg
P7150502.jpg
P7150508.jpg
P7150509.jpg
P7150517.jpg
P7150519.jpg
P7150530.jpg
P7150533.jpg
P7150554.jpg
P7150558.jpg
P7150566.jpg
P7150571.jpg
P7150525.jpg
P7130365.jpg
P7130370.jpg



みな、真剣だ。



子どもの未来を、案じている。



選挙へ、行こう。



nice!(1) 

nice! 1