So-net無料ブログ作成

2019年参院選を、終えて。 [参院選2019]


皆さん

参院選期間中

ぼくの拙い選挙戦レポートを

読んでくださって

ありがとうございました。



選挙後の印象を書いて

終わりにしたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


選挙が終わった。



改選前

れいわ新選組は1議席だったのに対し

今回は2議席を獲得した。



しかもそのお二人とも

難病・重度障害の方々。




難病ALSふなごやすひこさん




重度障害者木村英子さん



お二人が当院するため

国会はさっそく

バリアフリー化されることになるだろう。



彼らが国会内で活動しだすと

それだけで空気は一変するだろう。



彼らが演説ないしは質問する時

多分、野次など飛ばせないだろう。



また、質疑応答の時などは

とても時間のかかるようになり

それを待つ忍耐が育まれるだろう。



でも、福祉のことを本当に考え

それを政治に活かすとすれば

彼らの一挙手一投足が

それこそリアルなお手本となる。



そしてそこから

本当の福祉が生まれる。



だれもが成しえなかった

とんでもなく高いハードルを

山本太郎さん率いるれいわ新選組は

あっという間に

一気に2人が飛んじゃった。



山本太郎さんは残念ながら落選・・・

という見方があるのは承知しているが

でも今回の選挙で

れいわ新選組は政党要件を満たしたので

一政党となり政党助成金が交付される。



党首である山本太郎さんは

党首討論会に出ることが可能になった。



ということは

今までどんなに彼が

台風のような風を吹かせてたとしても

「黙殺」し続けてきた大手メディアは

それができなくなることを意味する。



山本太郎さんは

今までは街頭演説でしか話せなかった

彼の真っ直ぐな忌憚ない意見を

電波に乗せることができるようになった。



これも、とんでもなく大きな一歩だと思う。



そして1年以内に衆院選。
(早ければ今年中との噂もある)



一政党となった「れいわ新選組」は

衆院選では

小選挙区と比例の重複候補擁立が可能になる。



山本太郎さんはすでに出馬を決めているようで

れいわ新選組として

100人程度擁立したいということだ。



ぼくは

今回の参院選は

これからの

日本という国の大変化の

あくまで「序章」と捉えている。



次の衆院選が

本当に楽しみになってきた。



そしてまた

3年後には参院選。



その時、政治は、この国は

いったいどうなっているだろう?



それは

一人一人の一票にかかっている。



ひとつ、お願いをさせてください。



次回は、どうか

山本太郎さん、そしてれいわ新選組の

街頭演説を、聴きに行ってほしいのです。



ぼくは、山本太郎さんに

一票を投じてもらうために

これを書いているのではありません。


だれに・どこに一票を入れるかは

もちろん自由ですから。



でも、新しい時代の

一条の光が見え隠れする場を

そこに感じるのです。



この重苦しく淀んだ世界を

本気で変えたい、と訴える候補者と

真剣に一票を投じたい、と願う聴衆の姿が

そこにはあります。



今までの選挙の世界とは

まったく違う世界が

そこにはあります。



どうか。



ご自分の目で、見てみてください。


ご自分の耳で、聞いてみてください。


新しい選挙の姿を、感じてください。



そして、もし、もし、もし

感じることがあったとしたら

ご家族、お友達とシェアしてください。



ここまで投票率が下がった今

横に広がることが

次の選挙ではとても重要になります。



そしてきっと

山本太郎さん率いるれいわ新選組は

また新たな戦略を引っさげて

他党の及びもつかない

ユニークな選挙戦を展開することと思います。



もしかしたら

山本太郎さん以外にも

既存の選挙活動にとらわれない

新たな

わくわくするような

グループが誕生するかもしれません。



皆さん、準備はいいですか?




RIMG0286.jpg



nice!(1) 

nice! 1