So-net無料ブログ作成

タコ焼きと、太陽と、お弁当。 [超夢]



今日の、超夢です。


いつまで見続けるのか、なぁ。

続きを読む


nice!(0) 

鳥の、おにぎり。



二匹の子リスたち

野鳥たちのエナジーで

ずいぶん快復。



あと、もうちょっとだろうか。



でも、ここはひとつ

ゆっくり、じっくり、いこう。



その鳥たちへ恩返し。

続きを読む


nice!(0) 

7年ぶり? の、蕎麦打ち? [黒森庵]



たぶん、7年ぶり?

蕎麦を打とうと思った。


続きを読む


nice!(0) 

武蔵野と、おばさんと、カレー。 [超夢]



今日の、超夢です。



ぼくは元気です。


そして子リスたちも

快方へ向かっているようです。



では、行きます。


続きを読む


nice!(0) 

野鳥と、月と、日の出と、パニック。



じつは。


子リス2匹がほぼ同時に

「急性パニック症候群」的状態に。



続きを読む


nice!(1) 

鳥と、十六夜と、日の出。



今日も一日、鳥を眺むる。

続きを読む


nice!(1) 

鳥と、ご飯と、スーパームーン。



昨日今日と

一日中、子リスたちと

庭へやってくる野鳥たちを見ていた。



生まれて初めて、かな

こんなにずっと

いつまでも鳥たちを見るって。



たのしい。

続きを読む


nice!(0) 

石臼と、鳥と、工具箱。 [黒森庵]



コーヒーミルでの製粉でも

十分においしい蕎麦が打てた。



それがわかると

なんだかやっぱり

黒森庵の石臼で碾いた粉で

打ちたくなってきた。



もう何年も触ってなかった、石臼

すまぬ。


続きを読む


nice!(0) 

三女子リスの、こころみ。


朝から、なにかやっている

三女子リス。



プラ段で?(プラスティック段ボール)


なんだか、おもしろそう。



GO!


続きを読む


nice!(0) 

そうだ、キタッラで、パスタ! [我が家めし]



そういえば。



キタッラ発祥の地はイタリアだ。


そういえば

日本蕎麦は何度も打ってるけど

パスタはまだ一度も打っていない。



GO!


続きを読む


nice!(0) 

倉俣史朗さん、その後お元気ですか?



このところ

人生の加速感の半端なさ。



あちらの世界から

んしょ、んしょと

背中を押されてる感が、ある。


続きを読む


nice!(0) 

キタッラの、粗挽き。



またキタッラで、打ってみた。

今回は、かなり粗く挽いた粉を使用。



砂のようにザラザラで

そば打ちに馴れた人でも手こずるかも

というくらいの、粗挽き粉。


続きを読む


nice!(0) 

キタッラと、コーヒーミル。 [小黒森庵]



どうしても

自分の蕎麦が食べたくなった。



そうだ

まだ新作のキタッラを使ってない!


そうだ

まだコーヒーミルも試してない!



やってみた。

続きを読む


nice!(1) 

モスコゥの、異邦人。 [超夢]



もう、超夢が

どうにも止まらない♬



GO!


続きを読む


nice!(0) 

素心 本心 投心。 [小黒森庵]



どこまでも見渡せる

広い野原のようなところに

片道二車線(計四車線)くらいの

砂利道にしては、とても広い。


続きを読む


nice!(0) 

お久しぶりっ! [小黒森庵]



猪股裕一さんが小黒森庵を見に来られるという。


MdNという出版会社の元社長さんであり

こないだまで多摩美の教授だった猪股さん。


猪股さんとのご縁は

MdNコンファレンスで

五十嵐威暢さんと対談させていただいて以来。


かれこれ、もう20年くらい経つのかなぁ。



続きを読む


nice!(1) 

廃墟、フォークソングそして、再生。



一時帰国されたスペイン在住の

ひろこさんの英国人のご主人

Stewart Hartleyさんのお話しが

とても興味深かったので

須藤玲子さんとともに

インタビューさせていただきました。


続きを読む


nice!(1) 

Helmshore Mills Textile Museum。



黒森庵で2月3日

磁石で引き付けられたかのように

各方面から集合した方々と

小さなパーティーを開いた。


続きを読む


nice!(0) 

2月3日の、偶然。



この日は、なにか、特別だった。

続きを読む


nice!(1) 

ガンディーさんと、パパネックさん。 [小黒森庵]


小黒森庵というのは

なんで始めたかというと

人間が生きる最小スペースを

具現化してみたかったからだ。


続きを読む


nice!(0)